2013年9月9日月曜日

A girl loved by fishes

 上の娘はお世辞にも運動ができるとは言えない。走れば遅いし運動会ではいいところを探すのが難しい残念な人かもしれない。
 でも一緒に釣りにつれていくと不思議が連発する。冬場に遊びにいった釣り堀では、教えている間に真剣勝負で負けた。虹鱒の釣り堀に行ったら、ロールキャストで教えている間に魚をかけてしまった。ワカサギは母親より釣る。おかげで自分の釣る時間すらなくなってしまう。この間遊びにいったハイジ牧場で暇つぶしにやった池の鯉釣りでは、まさかのビッグワンをかけて、竿をのされて糸を切られてしまった。昨日のハゼ釣りでは3人で一番釣った。型もよく、おかげでいいおかずになった。そんな彼女は、どうやら魚に好かれているらしいということにようやく気付いた。 スピニングリールで投げようとしても斜め後ろにキャストしてしまうような娘だけれど、ちょっとばかしキャストして竿を渡した瞬間に魚を掛けてしまう。同じように下の娘に竿を渡しても、いや、竿を交換しても釣れることはなかった。そんな魚に愛されているような人って、たまにいないだろうか。

 自分で作ったフライもそんな調子だったらいいのにと、いつもフライ交換ばかりが先にたつ自分。妄想をこめてつくったフライで魚がかかると、してやったりとばかりに嬉しさが先に立つ。


 ノーウェイトでゆったりとした流れでたなびくようにと試作したフライをもって、浜益川の鮭釣りへと向かった。事前調査期間ということもあって、あまり釣れないかもと期待はしていなかった。でも、上流に行く間に何人かの釣り人の竿が鮭で曲がっているのが見えると、期待感が先行する。もしかしたら釣れるかも。
 例年のポイントについて、1投目。まさかこれで釣れたら、なんて思っていたら、本当に魚がかかった。


 その後も気配がありそうなところを流しながら、小刻みにリトリーブしてみる。するとまた釣れた。場所をかえて、鮭がはねたあたりで同じようにリトリーブしてみたら、また釣れた。もしかしたら、このフライ、魚に愛されているかもしれない。3匹ともがっちりと口にかかっていたのが印象的だった。色、流れ、水温、タイミング・・・・いろいろあるかと思うけれど、その日の朝2時間の間は絶好調。まあ、そのあと4時間粘っても無反応だったけれどね。

 今年も浜益川の釣獲調査が始まった。ちょっとしたヒットフライを見つけることができたので、もう少し実験を繰り返してみる。もし調子が良いようだったら、色をかえて虹鱒にも使ってみようか。

2 件のコメント:

  1. エンゴサク2013年9月10日 21:48

    こんばんは(^^
    やはり赤ですか~。
    この次は、ご一緒しましょう。
    そして、色々と試した結果も教えてください。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは。今年は事前調査から調子いいみたいですね。エンゴサクさんもしっかりつれてるみたいで。
      まだ三回ありますから、こちらこそ是非御一緒お願いします。

      削除